※気になる単語や興味のあるキーワードでの記事検索が可能です。(例:大腸がん)

京都市が原点です。

○明治38年(1905)
 医師正垣角太郎(明治7年生)、エリー・メチニコフの「長寿論」に感動。
自らの身体で乳酸菌療法を試し、胃腸疾患が治癒し、健康体へ変わるのを実感。「この喜びをたくさんの人と分かち合いたい。乳酸菌を役立てたい」という志が生まれ、角太郎の研究は始まった。
○大正3年(1914)
日本初のヨーグルト製造販売を京都で開始。
○大正14年(1925)
 4種類の乳酸菌共棲培養法を確立。
4種類の乳酸菌培養液と砂糖溶液を混合し、甘みと滋養のある「エリー」を開発・発売。これは現代の乳酸菌飲料の原点である。
 エリー株式会社・研生学会発足。
「エリー」の宅配販売を行い、さらに研究開発を進めるための研究機関として研生学会も設立。
 京都大学と共同研究。
医師正垣角太郎は京都大学農学部近藤金助農学博士、同医学部教授木村廉医学博士などと共同研究を続けた。
○昭和11年(1936)
 角太郎長男・正垣一義、乳酸菌8種類共棲培養法を確立「ソキンL」として発売。
長期保存と携行が可能な「潤生ソキン」も開発(乾燥粉末の中に仮死状態の乳酸菌が生きているもの)。
○昭和12年(1937)
 正垣角太郎没(享年63歳)。
 ソキン製薬株式会社設立。
「塩野義商店(現・塩野義製薬)」などを通じ「潤生ソキン」を医薬品として販売。
 京陸軍軍医学校と共同研究開始。
「潤生ソキン」は粉末状または錠剤として携帯できるため、陸軍との共同研究により効力が立証された。
生きた乳酸菌を服用する製品としては、これが最後である。